パープルフリンジ除去(MF076)

2014/10/07(火)

久しぶり?のMF。 台風一過でチョウゲンさん飛ばないかなぁと午前中覗いたがあんまり。
昨年はビュンビュン飛んだ時期。 今年はカラスが多くて来ても直ぐ追っ払われてしまう。
それでも今日は、4羽確認できた。居るときも大半は橋下にじっとしていたが。

f0248690_19351448.jpg

フリンジの前に ホワイトバランス。 看板写真は、数少ないチャンスに 飛びつきから飛ぶまで10枚くらいの連写した 終わり方の1枚。
WBはAUTO設定だが、この連写で色温度(ケルビン)が結構ばらついている。5050~6200。



これは飛びつき最初の1枚だが、5050K。少し青っぽい。
f0248690_13120472.jpg

これをLightroomのホワイトバランスで昼光に変えてみると、5500Kとなる。
f0248690_13162316.jpg

ちなみに連写2枚目のWBでは、撮影時の設定で6200K。
f0248690_13203968.jpg
同じ構えで連写数秒だけど。。。。 どれが程よくいいのか?難しいなぁ。 それで看板は撮影時6000Kだったもの。昼光の5500Kぐらいがいいのかなぁ?。。。。



さて、逆光飛び物のフリンジ。今までLightroomの除去機能をよく知らなかったが、使ってみてびっくり。 

使用前 (大トリミングしている)
f0248690_13330061.jpg
青い輪郭。 これをピッ! とワンクリックして 使用後。
f0248690_13352148.jpg
場所は、Lightroom現像画面、右下の方『レンズ補正』項目の『カラー』を選択して『フリンジ軽減』の『適用量』を 8 に動かしただけ。
この数字、8はちょっとやり過ぎかも?。 どの程度が自然なのか経験値がいりそうだが、すばらしい!

BORGは前2枚のレンズのみで補正レンズがないので(レデュ-サやフラットナーを足さなければ)このフリンジ(逆光)に弱いと言われる。
Lightroomがあれば。。。。問題なくね(笑)。 すごいね~。 フローライトにしなくても、EDレンズで十分かも?
最近までよく知らなかった。 少し青っぽい画面が透明感や解像感をそいでいたことも少なくなかったのでねえ。

f0248690_13543403.jpg
フリンジ除去った。
f0248690_13545249.jpg


最後は。 チョウゲンさんの足なんだか細くなった?? 
f0248690_13555173.jpg
と思ったら、
f0248690_13561357.jpg
ボッケボケだけどw
獲物の足だった。
f0248690_13571389.jpg
AF-BORG67FL+K-5Ⅱs




[PR]
by squidyn | 2014-10-07 20:00 | 野鳥
<< 皆既月食 シャッターチャンス、気合いとブレ >>