<   2013年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2013/08/31

先日、わくわくさせてもらったMF。 週末になり、今日も!と期待して出かけたが空振り。
そうそううまくはいかない。

朝のうち、エナガの群れが来てくれた。
f0248690_161173.jpg

f0248690_1621379.jpg


f0248690_1625364.jpg


電線止まり
f0248690_1632387.jpg

f0248690_1633929.jpg

橋アーチ止まり
f0248690_1641682.jpg


カワセミ も止まりもの
f0248690_1643812.jpg


新顔の若?
f0248690_1653010.jpg

AF-BORG77EDⅡ(640)+K-5





先日トライした昇段審査の証が来た。
年甲斐も無くうれしかったので、アップ。
f0248690_165523.jpg

先生と黒帯昇段の面々
f0248690_166139.jpg

[PR]
by squidyn | 2013-08-31 16:22 | 空手

わくわく

2013/08/27

久しぶりの晴天だったので仕事前にちょっとだけ、とMFに寄った。
すると、チョウゲンも久々に飛んでるよと。 
キタ~! 2羽、3羽、4羽。 今春の若達がみんなで戻ってきた? おっかけっこしたり、ケンカ?したり、仲良ししたり。
巣立っていなくなって以来、最高にわくわくした。 
ちょっとだけのつもりが午前中になってしまったが。今後が楽しみになった。

f0248690_1241854.jpg

f0248690_1245974.jpg


近かったので(ワンクリックで等倍)。
f0248690_125272.jpg

飛びまわってお腹すいたか、ショウリョウバッタ捕まえた。
f0248690_1255597.jpg

今日はこの辺で。
AF-BORG77EDⅡ(640)+K-5
[PR]
by squidyn | 2013-08-28 01:34 | 野鳥

遠くから調布市花火大会

2013/08/24

今日もしっくりこない天気。 MFは大掛かりな草刈り。 音と砂煙と暑さ。鳥も来るわけないなとそそくさと退散。

夜、調布の花火だったが、雨ふるふらない?。 自宅至近の公園から眺めてみた。直線距離 約5km。

f0248690_22115345.jpg


f0248690_222529.jpg


そう。 高圧線がちょうどのところで邪魔。 位置取りではどうにもならず、画像弄って消そうかとも考えたが、そのまま。
トリミングでも・・・
f0248690_2233484.jpg

f0248690_2235081.jpg

電線はあきらめだね。
f0248690_2242215.jpg


AF-BORG77EDⅡ(620mm)だとちょっと大き過ぎ、1.7×AFAをはずし約360mm。ドロチューブのみでピント合わせ→難w。 
50アクロ(250mm)でも撮ってみた。どれがどれだかわかんなくなっちゃったが(カメラの焦点設変更忘れ、600mmのまま)。
 
f0248690_2231243.jpg


これはピンボケ。
f0248690_22443100.jpg

これは上手く電線消せてる?
f0248690_2251378.jpg

これは珍しいタイプの花火、地味めでよかった。
f0248690_2254415.jpg


慌てたり、三脚の設定が悪くブレた。 しっかり準備したら、案外遠くても上手く写せそう。来年ね。
[PR]
by squidyn | 2013-08-24 22:44 |

空手(SKIF)全国大会

2013/08/18

8/17(土)、18(日)に、年一回の所属会派 国内大会があり、応援に行ってきた。
国内約130支部、海外は130カ国に会員がおり、3年に一回の世界大会はより盛り上がる。

f0248690_1184129.jpg

f0248690_119887.jpg

f0248690_1191913.jpg


今夏、自分的には6年ぶりに昇段試験(初段→2段)に挑んだ。 これを言い訳にして不出場。 今回も応援だけに。  来年こそは・・・・

2日目、子供の部の表彰式
f0248690_11182854.jpg


伝説の空手家といわれる宗家(前館長) 金澤弘和(中)から新館長 金澤伸明(右)へ世代交代した年でもある。
f0248690_1118489.jpg



仲間のおじさん達の風景(シニアクラス)

f0248690_1258935.jpg



組手の試合。 遠めでこんな感じ。
f0248690_11272722.jpg

白、中段 技あり。審判の左手が上がる。
f0248690_11573145.jpg


主審も位置取り大変。
f0248690_11585117.jpg

赤、上段
f0248690_11511444.jpg

白、中段
f0248690_11512959.jpg

f0248690_11514233.jpg


50アクロで ズーム イン (男子 無差別級決勝)
f0248690_11315537.jpg

赤 中段回し ちょっとあまい
f0248690_11321642.jpg


f0248690_11323897.jpg

f0248690_11325852.jpg




女子組手決勝
f0248690_11333892.jpg

蹴りをしっかりすくい受けしている
f0248690_11342247.jpg


女子型決勝出場の面々。
f0248690_11351173.jpg


優勝者(三河支部)、雲手(ウンスー)のサビ、ジャンプの部分。高いね。
f0248690_11383381.jpg

準優勝(富士吉田支部)、五十四歩大(ゴジュウシホダイ)
f0248690_11393265.jpg


3位(武空塾)、五十四歩小(ゴジュウシホショウ)
f0248690_11404536.jpg

本部久が原道場で長男と同世代、小学校のころから見ている リエちゃん、雲手 惜しくも4位
f0248690_11431770.jpg


いい顔つき。
f0248690_11444054.jpg

男子優勝、関根さん(相模原支部) 年季で黒がはげた かっこいい黒帯
f0248690_11454739.jpg


団体型(3人で合わせる)
f0248690_1146246.jpg

雲手(ウンスー)のジャンプシーン そろってる?
f0248690_1148488.jpg

燕飛(エンピ)のジャンプシーン
f0248690_11464544.jpg

f0248690_1148988.jpg

f0248690_11482381.jpg


今年は、本部指導員の先生の出場がなく(高齢化?)、スター選手も引退。 少し小粒な感じがぬぐえなかった。

BORG,77EDⅡ持ち込んだが、さすがに換算930mmは顔くらいしか映らず×。
キットレンズのDA18-55 と50アクロトキナー改造AF(250mm換算→375mm)使用。
さすがに50アクロ。偽色はあるが、キットレンズの引き伸ばし と比べると まずまず。
100~200mm前後がベストかな。
36ED欲しくなった??
[PR]
by squidyn | 2013-08-19 13:21 | 空手

手振れ という言葉

2013/08/17

昨晩は多少涼しかったが、今日日中のMFは相変わらず暑かった。
チョウゲンボウもカワセミも相手してくれず、シャッターチャンスなし。
8/15のカワセミ
f0248690_23563463.jpg


“手振れ” というと、 字のごとく、手が振れてボケた写真となる印象だ。
同じ体の一部、腕が連想され、手持ち撮影のイメージが強く、 腕≒技量 がないから手振れると理解される。
とにかく、自分の腕を疑われた気のするイヤな言葉だ。

f0248690_02573.jpg


言葉の力は強い。  ”手”を取って、 ”フレ”  とイメージしたい!
三脚にセットしても、手ぶれ(フレ)はあるし、脇をしめて体幹に乗って技量が高い人でも手振れはあるのだ。
ただ、シャープな写真を撮るにはこのフレが邪魔者で、腕(技量)を疑うわけでなく、これを上手く制御できれば良いのだ。

シオカラトンボ
f0248690_0154468.jpg


逆に、このフレとピントの2つのみでシャープさは決まる。

どこまでのフレを許容できるかは、人それぞれだが、必ず出ているフレを極力少なくするには
①シャーータースピードを上げること (どのくらい?)
②三脚等に固定し、ケーブルレリーズ等を使うこと
③ミラーショック、シャッターショックをなくすには、ミラーレス機を使う、ミラーアップ≒ライブビューで電子先幕シャッター等の機能を使う 等

オニヤンマ
f0248690_031227.jpg

f0248690_0313310.jpg


そこまで全部完璧なら、あとはカメラ自体、センサーや画像エンジンの性能や、レンズの性能 の差がでる
ということになる。

ツクツクボウシ
f0248690_0351813.jpg


とにかく、フレを極力抑えた画の違いを体感できたらなぁと思う。

一つは、天体写真を撮ってみる。 少しのフレで大きく差が出て体感できる。
そして、デジスコ。 500や800mmの世界から、3000mm、5000mmの世界となるとフレの違いを体感できる。

たぶんヒグラシ?
f0248690_0461350.jpg


今まで、ピントがあまい? 暗かったから? いまいち納得のいかなかった写真の大半が
フレ 原因だったんだと、気づく瞬間が きっと訪れる。
そして、先輩方のフレへの努力をやっと理解できる。
そうすると、腕が一段階あがるw! 
[PR]
by squidyn | 2013-08-18 01:19 |

MFもお盆休み?

2013/08/14

自室よりもMFの方が涼しそうと、また出かけた。

止まり物のカワセミ君も少ないチャンスなので、三脚立ててみたが。

f0248690_22452084.jpg


f0248690_2234529.jpg

思ったようには解像しない。

これは30Mくらいの距離。 まだなかなか近くに寄れない。
f0248690_223457100.jpg


すずめさんは多少近くで水浴び。
f0248690_22365493.jpg


f0248690_22371825.jpg


ヒタキ類などと比べると足ががっちりしているなぁ。


サッカー、ウルグアイ戦をテレビ観戦していて、日本にフォルラン一人いれば随分違うんだろうねぇと。
ほんと、ディフェンス陣どうにかせにゃいけませんなぁ。
[PR]
by squidyn | 2013-08-14 22:55 | 野鳥

帰ってきたね! チョウゲンさん

2013/08/12

午前中、MFへ寄った。 
チョウゲンボウ、おそらく今年生まれの若さん達。帰ってくるのか、数羽が巣穴チェックしている感じ。うれしいねぇ。
f0248690_20111721.jpg


少しの間で飛び去ったが、最近ちょくちょく来てくれるらしい。
f0248690_20132720.jpg

f0248690_20134997.jpg

f0248690_2014382.jpg



オナガの群れが、何かの実(センダン?)を食べに集まってきた。 遊んでくれた。
f0248690_20161453.jpg

f0248690_2016372.jpg

f0248690_20165735.jpg

620mm(35ミリ換算930mm)ノートリでこの距離。
f0248690_20172447.jpg

トリミング(等倍切り出し)
f0248690_2017513.jpg


f0248690_20544222.jpg

f0248690_2055143.jpg

f0248690_20554477.jpg



最後にカワセミくん
f0248690_20561644.jpg

AF-BORG77EDⅡ(620)+K-5


今晩は、夜中にペルセウス座の流星群を撮りたいと、楽しみにしていたが、
夕方から大雨となった。 今年の天文イベントはウラメシ天気が多いね。

稲光も狙うと難しい。 ベランダから。
f0248690_20595466.jpg

[PR]
by squidyn | 2013-08-12 21:10 | 野鳥

群馬遠征

2013/08/10

全国で気温40℃越え地点4箇所となった10日。 避暑?を兼ねMFの鳥友さんと伊香保へ行って来た。
ここは、鳥までの距離が遠い(30mくらい?)が、いろんな種が来てくれ、何といっても涼しい お気に入りポイント。
懸念されたお盆のラッシュもさほどでなく、9時過ぎに思い立って、1時頃には現地に着けた。

今日一番明るく近いところで撮れたアオゲラ君の水浴び。
f0248690_11565133.jpg

トリミング
f0248690_11581036.jpg

f0248690_11582634.jpg



コガラ
f0248690_1159980.jpg

親子?
f0248690_1159357.jpg



お目当ての大好きな黒い鳥。 ノートリだと
f0248690_1202246.jpg

クロツグミ♂ オオトリで。
f0248690_1212426.jpg

水浴び
f0248690_1232018.jpg

クロツグミ♀さんも出てきた。
f0248690_1215486.jpg


ヤブサメ? ムシクイ系は鳴き声聞かないと識別力なし。
f0248690_1225421.jpg


途中、エナガの群れが池を渡ったが、水浴びはせず。
f0248690_1255688.jpg


証拠写真のゴジュウカラ(ノートリ)
f0248690_1265682.jpg


半分青のオオルリ幼鳥?→ コルリ幼鳥のようです。 
f0248690_128671.jpg

顔前の枝が残念な場所に長時間留まっていた。
やっと少しずれてくれたが、ピンあま?ぶれ?
f0248690_1210897.jpg


暗くなってアカハラも。
f0248690_12104355.jpg


オオルリ?キビタキ? ♀タイプは判別の腕なくわからないままだ。
f0248690_12124458.jpg

f0248690_1213283.jpg

f0248690_12131914.jpg

f0248690_12134536.jpg



残念ながら、楽しみにしていた、キビタキ、コルリ、マミジロ 等には会えなかった。

多くの鳥さんは、カメラマンをあざ笑うかのように、暗くなってもう撮影はムリ!となる時間帯に頻繁に水浴びに降りてくる。
 
あたりが暗くなる中、森に響く クロツグミ等の美声と、長袖要るかな?ってひんやり感。 幻想的な雰囲気は最高!!
また来たいな。

AF-BORG77EDⅡ(620)+K-5
[PR]
by squidyn | 2013-08-11 12:45 | 野鳥

単焦点 と 多焦点

2013/08/07

最近レンズのことが気になっているのですが、(BORG、67FL? 300mm F4.5 出ますね)
今日は カメラレンズ ⇒ 目の水晶体 、白内障の話です。

結論は、仕事柄 月々100円くらいの先進医療特約、ちゃんと付けてますか? ってとこなんですけど(笑)。

白内障は、80歳代だと殆ど、100%に近い方々が患う目の病気。

f0248690_1963050.jpg


レンズを80年も使ってきたら、埃やカビ、キズなど当然付きますね。 ぼやけて見え(白内障発症)、見えなくなると困るので、
水晶体(レンズ)を取り替えるという作業(手術)をします。  その手術方法に

①単焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術 (健康保険適用)→ 費用4~5万円

f0248690_1973094.jpg



②多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術 (先進医療認定)→ 費用50~60万円

f0248690_1974555.jpg


があるんです。

①単焦点のレンズに置き換えると、当然、遠くはみえるが、近くは老眼鏡必須、Or逆。となります。 
②多焦点にすると、上手くすると、遠くも近くも両方見え、メガネがいらなくなる 場合もあるそうです。
最近のレンズの進歩で、②の需要は増えています。

ちょっと不謹慎な例えですが、単焦点のサンニッパ、やゴーヨン にするか、70-400等のズームレンズにするかの悩みに似ています。 
カメラレンズと同じく、単焦点レンズの方がクリアに写り、ズームは少しあまくなる。ので、必ずしも②の多焦点が良いとは限らないですが、日常生活の便利さから言うとズームの選択という感じですね。

ちなみに、先進医療特約があると、この50~60万円が保険で出るので、安心して選択できます。(保険料もとがとれちゃいます?)
先進医療は、がん治療のみ とイメージされている方々も多いのですが、 結構この白内障での給付は多いですね。


でも、遠くがクリアにカリカリに解像するレンズ欲しいなぁ!
[PR]
by squidyn | 2013-08-07 20:04 | 仕事

71FL

2013/08/03

MFでBORGの輪が広がった!
親しい鳥友さんが今回BORGに挑戦。
f0248690_195241.jpg

私が現在最強と思っている、AF-BORG71FL + PENTAX K-5ⅡS。
いいなぁw。        輪が広がって素直にうれしい。

きょうはカワセミもチョウゲンボウも遊んでくれず、設定等のテストになる被写体に苦労。
私もとなりで、虫さんへ数回レンズを向けた程度だった。


あぶらくん。
f0248690_119221.jpg

Golden-ringed dragonfly
f0248690_120581.jpg

ペンタAF-BORG、71FLの良さは?
①何といっても 高い解像感。
②軽い! 機動力Up。 分割出来、携行がとても楽。
③カメラレンズに比べると安い。

思った以上に②の効用は大きい。 400mm F5.6のレンズとしてもとても軽いが、
換算 1020mmのレンズが軽々手持ち可となるとグッと魅力的となる。 

単純な2枚レンズのみなので、テレコン入れてもほぼ画質劣化しない。 ×1.7倍のAFアダプター使っても不満のない画質。 なので 400mm×1.7=680mm (35ミリ換算⇒1020mm)がお手軽となる。
f0248690_1524749.jpg


逆に弱点は、操作性が悪いこと。
①AFに慣れが必要。
②長い。

単純に、略焦点距離がレンズの長さとなる(400mm=40センチ)。
逆にカメラレンズはこの長さを、短くするために補正のレンズを多用?。レンズがいっぱいで重くなり、画質は劣化し、本末転倒となっている気がする。

ハグロトンボ
f0248690_29564.jpg


また、レンズの明るさ ≒ F値 ≒ 焦点距離÷対物レンズ口径 
680mm ÷ 71mm = F9.6
確かに暗いのだが、 明るいレンズと変わらぬ感じで撮影できるような気がしている。
明るさと写り これも再考するテーマかもしれない。

f0248690_2221027.jpg


最近、ローパスフィルターをいらないと再考したり、キャノンの望遠レンズの一番前のレンズをなくして軽量化したりするのを見ると、ムダなもの(単なる無駄ではないのだろうが)も多く、シンプルな構造に立ち返るのも重要なことなんだと再認識させられる。


要は、この出来上がり(画質)でこの軽さ、なら、多少の不便さなんかノープロブレム!と思えるかどうか、かな?

AF-BORG77EDⅡ+K-5
[PR]
by squidyn | 2013-08-04 03:04 | 機材