<   2014年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

MF039

2014/04/29(火) 昭和の日

予報どおり朝からパッとしない曇。 久しぶりにMF。 今日は たけのこ狩り のイベント中だった。
こいのぼりも50匹程泳いでおり、チョウゲンさんは音なし。 ただ、どうやら3ツガイ抱卵しているらしい。
各、1~2回 ♂がエサを運んでた感じ。  カワセミを探して小川を1往復して引揚げた。

f0248690_17572121.jpg

南の♂。昨年と同じ、尾羽右から5番目に特徴ある 眉間にしわのある感じのお父さん。 結構バトルして、負けて?羽傷ついているイメージなんだけど、最後はちゃんと南の巣を守っているようだ。
f0248690_1815963.jpg



カワセミ君。 こちらは家族なのかよくわからない。
f0248690_1823527.jpg


ノートリだとこのくらいの距離(35ミリ換算765mm)
f0248690_1834332.jpg


もう少し寄って、解像させたいんだけど・・・・。
f0248690_1842440.jpg

ラーメンではないが、尾羽付近にはそれなりにモアレが出てるね。

連休後半は、どこか行きたいな。 シギチ? コマドリ? トラフズク?  悩むな~。

AF-BORG67FL+K-5Ⅱs
[PR]
by squidyn | 2014-04-29 18:16 | 野鳥

キビタキ。 シーズン初見

2014/04/27(日)

昨日会えなかったキビタキ。 鳥友N大先輩と桜ヶ丘公園へ再チャレンジ。  ん~ 。 又キビちゃんには会えなかったが、 ここは、いろんな人とは会える。
BORG仲間では、昨日 ち~すけさんとお会いしたが、今日はmukunoさん。
他の方々にも情報を頂き、 3人で八王子へ向かった。

f0248690_21473519.jpg

やっと会えた。 今回も証拠レベルだがうれしい♪ (大トリミングね)

f0248690_21503417.jpg


f0248690_2150489.jpg

針の穴を通すように葉っぱの間から
f0248690_22333349.jpg



そして、どうにか見つけた もう一つの美声の主。 高~い木の上。ほぼ真下から。
f0248690_2154957.jpg

桜ヶ丘の分も含めて。
f0248690_2215749.jpg

f0248690_2221344.jpg

f0248690_2223081.jpg

f0248690_222434.jpg


キビタキの声とオオルリの声。晴れ日の森林。 も~最高に気持ちよかった。


桜ヶ丘のエナガ。 ホバッてた。
f0248690_2157627.jpg


f0248690_2201219.jpg


f0248690_2202533.jpg



今日は、日本三鳴鳥すべてを聴いた。 生で。 赤いのは声だけだけど。 それに、キビタキや、千代千代ぐいーっ。 等。この心地よさは、四季の国 日本人でよかったーって感じさせるね。

解像感のある写真が撮れた時の幸福感がたまらなく、鳥撮りに嵌っているが、生録もいいかなーと。 昔はなかなかだったPCM録音もスマホでも可能な時代だし。マイクに毛のふさふさした風防をつけて、臨場感ある鳥の声録りたいな!  
その前に鳥の声、もう少しわかるようにしなきゃかなw!

AF-BORG67FL+K-5Ⅱs
[PR]
by squidyn | 2014-04-27 22:36 | 野鳥

2014夏鳥始まったね。オオルリ初見

2014/04/26(土)

朝のうちはツミフィールド。 お昼には、キビタキに会いたくて 桜ヶ丘公園へ。 鳥友さんと。
着いて早々、いい声が聞こえる。 キビタキだか、オオルリだか、まだ聞き分けられるほど会う機会がないけど~。
オオルリだった。  ちょっと遠く、葉っぱ枝被りの中、何とかシーズン初見の証拠。 うれしかった。
f0248690_2011169.jpg


f0248690_19554376.jpg


f0248690_1955593.jpg


ツバメ?
f0248690_2023535.jpg

被りをトリミングしていると、証拠レベルなのに ついオオトリになっていた。
f0248690_19561286.jpg


キビタキさがして、水場側へ行ってみると、ポンプが壊れて水が出ていないらしい。 この公園あまり水場はなかったような。 鳥さんたち大丈夫かな。  
キビタキには会えなかった。 よく鳴いていたのはこの子くらいだった。
f0248690_202731.jpg



ツミフィールド。
コゲラの大工さん。
f0248690_2034461.jpg


ムク
f0248690_20304447.jpg


ツミ。
f0248690_2041478.jpg

f0248690_2044480.jpg

f0248690_2051690.jpg

なんだか、アオバズクみたい。
f0248690_205456.jpg


夏鳥も楽しみだ。

AF-BORG67FL+K-5Ⅱs
[PR]
by squidyn | 2014-04-26 20:33 | 野鳥

1セット

2014/04/24(木)

ツミの居る所にオナガ有り。  That's it !  このセット、ここでもその通りでした。

f0248690_7421860.jpg


もう少し、声がきれいだとねぇ。
f0248690_7425531.jpg


からすの仲間だけど、カラスを避けるためにツミの攻撃性を利用するとか。
f0248690_7431265.jpg


オナガのホバリング?
f0248690_743566.jpg


f0248690_744954.jpg


f0248690_744538.jpg



過日のツミ
f0248690_7505240.jpg

f0248690_7511218.jpg


AF-BORG67FL+K-5Ⅱs
[PR]
by squidyn | 2014-04-25 07:52 | 野鳥

鳥くん図鑑

2014/04/23(水)

今晩は、ホビーズワールドさんで鳥くん(永井真人さん)の図鑑出版記念?トークショーがあったので、仕事帰りに行ってきました。

f0248690_2339536.jpg

ちゃっかりサインも頂きました!
f0248690_234091.jpg


この図鑑、結構気に入って眺めてます。
2012/9月に日本鳥類目録改訂版第7版が出、ハヤブサ目が出来るなど、少し分類が変わった。 それに合わせて やっと最近ポピュラーな図鑑の改訂版が出始めた。我が家の真木さんの図鑑590(平凡社)はボロボロなので、改定された650にするか、叶内さんの図鑑(山渓)かと考えていたが、先ずは鳥くん図鑑670になった。
 掲載数670が多かったし、少し安かったのもあるが、切り抜きした写真の選び方や識別ポイントの書き方等、かなり練られてるなぁと感じたから。 

今日のトークショーも とっても良かった。
4年間かけて写真の9割以上は鳥くんが自分で撮ったと。なかなか撮れず、動物園(野生ではない)で撮ったものもあるとか、タイなど外国で撮った写真もあるなど、苦労話もおもしろかった。 いわゆる図鑑写真を撮る変な?癖がついてしまったのと、燃え尽き症候群状態で、今はリハビリ中とか(笑)

ためになったのは、 鳥撮りで一番注意することは、動作 だと。 迷彩等服の色などよりも、動き方。 鳥からなるべく低くなるべく小さく見えるような動作を心がけていると。 手足の急な動きや、獲物を狙っているかのようなユックリさは×。 ブラインドや車を使うのも多いが、 基本しゃがんで撮るべしと。近づくのではなく、ある程度の距離で待っていると、警戒が緩んだ鳥さんはむこうから寄ってくるんだということ。  等々。    気をつけよう~っと。

約2時間。店内で15人程。アットホームだが密度の濃い有意義な時間だった。




先日、部屋の窓から 向かいの生垣上をコジュケイが歩いていた!のを撮った。最近声は良く聞いていたが、こんなところを歩いているとは。 
f0248690_0222316.jpg


ノートリ
f0248690_0224556.jpg


次は、ウグイス、ホトトギスだな。
[PR]
by squidyn | 2014-04-24 00:43 |

別人?

2014/04/19(土)

最近の楽しみ、ツミフィールド。 先日は、子育て可能なのか? と感じた若い個体のカップルだった。枝をせっせと運んでほほえましかったが、 なんと今日は、そっくり個体が入れ替わっていた。 巣はさだかではないが。
赤い目をした、胸オレンジの成鳥♂ 
f0248690_180327.jpg


♀も精悍。
f0248690_1832054.jpg


彼らなら子育ては可能だけど。 
若い彼らは追い出されちゃったのかなぁ? 昨年ここ生まれの子供だったのかもね。

f0248690_1854797.jpg


f0248690_186745.jpg


瞬膜が写っているショットが多い気がする。 ツミってそういうものなのか、埃でも多いのか。
f0248690_1891087.jpg


f0248690_1892746.jpg


近くのフィールドには まだアカハラいた。
f0248690_1894734.jpg


ガビ君の大声は目立つなぁ。
f0248690_181179.jpg



MFのチョウゲンさん、何カップルが抱卵始めたか? はっきりは判らないが、何組かは始まったようだ。 めっきりシャッターチャンスは減った。それとともにカメラマンも減った。

♀へエサ運んであげてるね。
f0248690_18123427.jpg


AF-BORG67FL(510)+K-5Ⅱs
[PR]
by squidyn | 2014-04-19 18:23 | 野鳥

♂、♀ ? 識別

2014/04/15(火)

鳥の♂、♀ の識別は、 プラスして 幼鳥 という要素が加わるから難しくなる。
鳥によっては、さらに、夏羽、冬羽 と変数が加わり、も~ ギブアップ と感じることも。

およそ、幼鳥の頃は♀のタイプに近いものが多く、何時からか 派手目な♂へと変わっていくような。

f0248690_20384865.jpg


ツミ。 ♂か♀か。  成鳥の♂は 赤い目や胸のオレンジ、青っぽさなど、分かりやすい。 又♀の虹彩は黄色。 
では、虹彩がオレンジがかっているような場合は? 幼鳥から、だんだん♂へ変わって行っていると考えればいいんだよね?。  並んでないと、大きさの判断もつかないしね。

f0248690_20481825.jpg


クリック等倍
f0248690_20491277.jpg

胸が縦斑なので、まだ1年目?くらいの若いカップルな感じ。

なかなか同時に2羽いないので、どっちが♂か♀か よくわからない。
f0248690_20535145.jpg


f0248690_20541539.jpg


f0248690_20543294.jpg


枝もって、働き者はどっちかな?
f0248690_2055010.jpg


f0248690_205516100.jpg


f0248690_20553182.jpg


そういえば、 オオタカの若い♂はまだ生殖能力がないと聞いた。3年ぐらい経た個体からやっと子育てできるようになると。 確かに、♂が縦斑の若い固体のカップルは見たことがないかな~。 

ツミはどうなんだろう、ここんちはどっちも若そうだけどなぁ。

AF-BORG67FL + K-5Ⅱs
[PR]
by squidyn | 2014-04-15 21:26 | 野鳥

巣作り

2014/04/13(日)

今日は今シーズン初のツミ観察。

f0248690_142752.jpg


朝のうち、せってと巣材を運ぶ働き者。
f0248690_14273938.jpg


必死で桜の枝折り。
f0248690_14293765.jpg

f0248690_14295051.jpg

f0248690_1430088.jpg


もうかなり葉桜だけど、桜がらみだと、きれいでいいね!
f0248690_14305557.jpg

f0248690_1431561.jpg


f0248690_14315394.jpg


f0248690_1431432.jpg

f0248690_14313321.jpg


f0248690_14321531.jpg

巣をかけてる松の木は 枝、葉 が被って難しいね。
f0248690_14322549.jpg


AF-BORG67FL+K-5Ⅱs
[PR]
by squidyn | 2014-04-13 14:44 | 野鳥

BORG67FL-トキナーAF300mm仕様

2014/04/12(土)

今日は、次男を連れ出しMF(038)へ。77EDⅡ+K-5と、67FL+K-5Ⅱs の2台体制と思ったが、BORGのPENTAXマウントが1つしかなかった。 当初はニコンマウントだったからなぁ。 思案していたら、トキナー100-300を玉抜きしたAFユニットがあった。 
67対物を直付けしても長過ぎ?と思ったら、ぎっりぎり無限遠OKだった。 
300mm、 f-4.5、素ボーグのAF。
f0248690_1846299.jpg


結局、次男は撮影しなかったので、300素AFを試しただけになっちゃったけど(笑)。

鳥撮りにはさすがに、距離が足りない感は否めないが、 シャープさは1段上がった感じ。 
また、明るいので通常よりISOが随分下げられるのでびっくり。
サンニッパ、ゴーヨン 等を使っている先輩方の撮影感覚が初めて分かった気分。これより更に明るいからね~。

対物の頭が少し重く、ガタつき少々あるが、使えそうな感じ!
いつもの仕様(510mmのAF) からAFアダプターを抜いた、MF300mmとの使用感比べだな。


f0248690_1954037.jpg

等倍切り出し(大トリ)でこの大きさw。
f0248690_1955384.jpg

オナガに追っ払われる前。 微妙な距離感。
f0248690_1961216.jpg


これかなり真っ暗な林の中のガビチョウ。
f0248690_1962276.jpg


過日のMF(マニュアルフォーカス)の300mm67FL分も。
これもほぼ等倍まで大トリミングしたが、結構シャープ。
f0248690_19957.jpg


切りすぎかな。
f0248690_19242055.jpg

こっちは1.7×テレコンで510mm。 設定条件、現像の仕方などが違い、単純比較はできないけど。
f0248690_19101633.jpg


f0248690_19103444.jpg


f0248690_19104541.jpg


チョウゲンさん、番(つがい)によっては、おそらく抱卵に入ったね。まだ♀も出てきて交尾もするけど。 年毎に抱卵、孵化の時期が遅くなっている感じがするなぁ。
[PR]
by squidyn | 2014-04-12 19:44 | 機材

画像サイズ

2014/04/10(木)

フィールドでも話にでる等倍。 僕がいまいち説明できないのは、ピクセルという単位がcmではどのくらい?なのか想像できていないからかなぁ。(これは、見てる液晶画面や、印刷の解像度 等によって変わる)
たて×横のcmがわかればイメージしやすいかな。
なので、自分の使っているモニターで換算して何センチかイメージしてみる。

77EDⅡ ⇒ 67FL のAF-BORGにして、解像感上がった感じがする。 今日はMFで花がらみでもなくシジュウカラを撮った。結構解像したと思うので、 等倍でアップしてみます。

①今日一番の解像度。 トリミング有の等倍 ⇒ 横 2739pix × たて 1814pix
f0248690_1273016.jpg


②ノートリ。 PENTAX K-5Ⅱsで撮っている ⇒ 4928 × 3264 (= 16,084,992 ≒16百万画素) 
f0248690_1282530.jpg


③トリミングした等倍 2773 × 1837
f0248690_129512.jpg


K-5Ⅱsは16百万画素のカメラなので、RAWのデータは②のように4928pix × 3264pix。 トリミングすると縦横適当に切って捨てるので①とか③のように縦横のpixが小さくなる。
それでも等倍といっているのは、LightRoomで書き出しする際に、Pix(ピクセル)の制限をかけずにそのままのpix(1:1)で書き出すから。(例えば、通常僕は、4928あるpixを1200pixくらいにして書き出しをする。≒縮小していて等倍ではなくなる)

さて、②で pix ⇒ cmを考えてみる。
僕のモニターは、20型ワイドなので、横1680pix が48cm で たて1050pix が27cmで表示されている。等倍はpixを1:1で対応させるので、
横4928pix ⇒ 4982/1680*48 ≒140.8cm
たて3264pix ⇒ 3264/1050*27 ≒ 83.9cm

よって、実際僕のモニター画面で見ると、ノートリの等倍画像は、よこ約1m41cm、たて約84cm で見えていることになる。(実際は画面からはみ出ているのでスクロールすることになる。)


それからもう一つ。 縦横の長さ(点の数)で測る方法とは別に、  容量(キロバイトKB やメガバイトMB)で量る方法がある。ま~長さに対して重さみたいな感じ。 これも重要。 
ちなみに、 ②の画像をRAWからそのままJPEGに書き出すと、 9.39MB = 9390KBもあるのだが、 このブログに載せるには、500KBまでという制限があるので、容量を減らして書き出ししている。⇒ ②は498KBにしてある。 
この時点で、やはり画像は悪化する。 黒つぶれなどが起こるのだが、この辺を最適に書き出すこつが今一わかってないんだなぁ~。
 


  
[PR]
by squidyn | 2014-04-11 02:54 | 野鳥