タグ:チョウゲンボウ ( 71 ) タグの人気記事

MF077(エゾビタキ)

2014/10/11(土)

ちらほら聞こえてきたノゴマ見たいなぁと思っていたが、車がなく(チャリでも行けなくはない距離ではあるが)MFへ。
チョウゲンさんはまだ今一歩飛ばないが、少し歩いてエゾビタキに会えた。MF辺りでは初見。

f0248690_22435944.jpg
お気に入りの木のテッペンに止まり、虫と格闘?しながら飛んでは戻りの繰り返し。遊んでくれた♪。

f0248690_22463390.jpg
f0248690_22470872.jpg
f0248690_22472334.jpg
f0248690_22475814.jpg
f0248690_22481677.jpg
f0248690_22482810.jpg

チョウゲンさんは、カラスに追いかけられて居心地悪そう。
f0248690_22492643.jpg
f0248690_22493980.jpg
f0248690_22495519.jpg


セキレイ君
f0248690_22512405.jpg
f0248690_22513733.jpg
f0248690_22514906.jpg
f0248690_22595750.jpg
コスモス入れたんだけど。。。


キセキレイ
f0248690_22522639.jpg


カワセミくん
f0248690_22503310.jpg

そろそろ冬鳥が実をつつきに来る時期になるかなぁ。
柿シジュウカラ
f0248690_22530468.jpg


柿とすずめ
f0248690_22533668.jpg
AF-BORG67FL+K-5Ⅱs

[PR]
by squidyn | 2014-10-11 23:06

パープルフリンジ除去(MF076)

2014/10/07(火)

久しぶり?のMF。 台風一過でチョウゲンさん飛ばないかなぁと午前中覗いたがあんまり。
昨年はビュンビュン飛んだ時期。 今年はカラスが多くて来ても直ぐ追っ払われてしまう。
それでも今日は、4羽確認できた。居るときも大半は橋下にじっとしていたが。

f0248690_19351448.jpg

フリンジの前に ホワイトバランス。 看板写真は、数少ないチャンスに 飛びつきから飛ぶまで10枚くらいの連写した 終わり方の1枚。
WBはAUTO設定だが、この連写で色温度(ケルビン)が結構ばらついている。5050~6200。



これは飛びつき最初の1枚だが、5050K。少し青っぽい。
f0248690_13120472.jpg

これをLightroomのホワイトバランスで昼光に変えてみると、5500Kとなる。
f0248690_13162316.jpg

ちなみに連写2枚目のWBでは、撮影時の設定で6200K。
f0248690_13203968.jpg
同じ構えで連写数秒だけど。。。。 どれが程よくいいのか?難しいなぁ。 それで看板は撮影時6000Kだったもの。昼光の5500Kぐらいがいいのかなぁ?。。。。



さて、逆光飛び物のフリンジ。今までLightroomの除去機能をよく知らなかったが、使ってみてびっくり。 

使用前 (大トリミングしている)
f0248690_13330061.jpg
青い輪郭。 これをピッ! とワンクリックして 使用後。
f0248690_13352148.jpg
場所は、Lightroom現像画面、右下の方『レンズ補正』項目の『カラー』を選択して『フリンジ軽減』の『適用量』を 8 に動かしただけ。
この数字、8はちょっとやり過ぎかも?。 どの程度が自然なのか経験値がいりそうだが、すばらしい!

BORGは前2枚のレンズのみで補正レンズがないので(レデュ-サやフラットナーを足さなければ)このフリンジ(逆光)に弱いと言われる。
Lightroomがあれば。。。。問題なくね(笑)。 すごいね~。 フローライトにしなくても、EDレンズで十分かも?
最近までよく知らなかった。 少し青っぽい画面が透明感や解像感をそいでいたことも少なくなかったのでねえ。

f0248690_13543403.jpg
フリンジ除去った。
f0248690_13545249.jpg


最後は。 チョウゲンさんの足なんだか細くなった?? 
f0248690_13555173.jpg
と思ったら、
f0248690_13561357.jpg
ボッケボケだけどw
獲物の足だった。
f0248690_13571389.jpg
AF-BORG67FL+K-5Ⅱs




[PR]
by squidyn | 2014-10-07 20:00 | 野鳥

MF069

2014/08/31(日)

天気予報は曇→雨。 しかし朝から久しぶりに気持ちよく晴れた。途中にわかにかき曇り・・もあったけど、
こういう日を晴れと言うんでしょう! という天気だった。

MFにようやくチョウゲンさんがポツンポツンと帰ってきている。1~2羽。滞在時間短いけれど。 少し遊んでくれた。
カワセミも親、幼鳥と池に来る回数が増え、警戒心少し薄らいだか? 多少近付いて撮らせてくれるようになった。
そして、ツミはそろそろ撮り納めかなぁ。 幼鳥も立派(笑)になり、いついなくなってもおかしくないかな。

f0248690_20020079.jpg
どのくらいぶり? わりと近いところに舞い降りた。餌捕は失敗。


f0248690_20101292.jpg
再度餌探し。 すずめ蜂は狙わない?

f0248690_20042816.jpg
ん?  アーチからも餌を探していた。


f0248690_20063128.jpg
いつもの杉

f0248690_20073384.jpg
付近

f0248690_20075976.jpg
ノートリ

f0248690_20084971.jpg
飛出し。連結。




f0248690_20134393.jpg
カワセミくん。 幼鳥


f0248690_20142213.jpg
ペリット・・

f0248690_20145655.jpg
ペッ! が上手くない。


f0248690_20160411.jpg
お父んは

f0248690_20194559.jpg
f0248690_20200683.jpg
ペッ! が上手い。


f0248690_20215950.jpg
飛出し。連結。
そのまま飛び込めず、上にジャンプする感じ。

f0248690_20224649.jpg
突っ込んで~

f0248690_20232074.jpg
よっと。



f0248690_20271653.jpg
ツミッち 幼鳥。そろそろ旅立ちか?

AF-BORG67FL+K-5Ⅱs


[PR]
by squidyn | 2014-09-01 20:37 | 野鳥

MF058,059

2014/07/13(日)

7/12、7/13 と足もなく、行くところも見つからず? 土午前、日午後と 半日ずつMFへ寄った。
チョウゲンさん居なくて寂しい状態。 朝のうち1~2羽いてすぐ居なくなるようなので、塒としては帰ってきているのかも。
ということで(笑)  スズメさん等倍切り出し。
f0248690_21402972.jpg
1/125s, ISO100

BORGの最大の良さは、機材が小さく 軽く 安く、超望遠撮影が出来ることだと思っている。
しかも工夫次第で、解像感では名だたる大砲に伍していける という楽しみもある。
この解像したときの (自己)満足感には、麻薬(中毒)的要素があるように思う。(今はやりの脱法ハーブよりもきっと気持ちいいw)
f0248690_23113243.jpg
(ノートリ)
フローライトになってよりいっそうクリアな画になって来たので、何とかもう一段階上へ行きたい!と切に願う。
バリバリに解像しているのだが、カリカリではなく、やさしい(繊細な)立体的な画が理想かな。(道は遠いけど。)
今は、なるだけ近くで、低ISOで、ジャスピン ブレなしで撮りたい! という欲求が一番強い。
f0248690_23134560.jpg
羽(肩あたり)にピントを合わせたもの。

低ISOにすると、どうしてもSSが下がり、ブレ対策が最大の課題。
かと言って、三脚を使うと、小さく軽いBORG最大の利点である機動力がスポイルされる気がする。(67,71くらい迄の話)
なので、カムコーダや一脚の工夫などへ走るのだが、
今日、鳥友さんから、おもしろいアドバイスをもらった。
①ストラップの使い方と ②左手(レンズ持つ手)の角度。
f0248690_23153129.jpg
目(の後ろ辺り?)にピント合わせたもの。 どっちがいい?


①ストラップを肘で張って、手首に半回巻いて前方へテンションをかけて脇をしめるとブレが止まるというもの。
②手のひらで持つと、骨の構造上手首から折れ曲がる不安定さがあるので、曲がらないように手首を立ててレンズを支える。
(わかるかな?)
f0248690_23173592.jpg
チョウゲンさん大きい獲物を持って子を呼んだが。


これどちらも、慣れは必要だが、かなり効果がある。 おもしろいものだね!
f0248690_23184123.jpg
ノートリ

f0248690_23191147.jpg
巣に戻って呼んだが、子供たちはいなかった。


丹田鍛えて、正中線に乗って意識は下。左足半歩前で自然体。呼吸は静かにって あらぬ方向へ進む自分もいるが、
いろんなアプローチの方法で、理想を目指す。 いいね!

f0248690_23214110.jpg
手前の親と同じくらいに大きくなった子供(まだ羽はちっちゃい)。3羽しかいなかったが・・・。

AF-BORG67FL+K-5Ⅱs




[PR]
by squidyn | 2014-07-13 23:31 | 野鳥

仕事ネタ007 (団信)

2014/07/09(水)

水曜日の仕事ネタ第7弾。 
今日は “団信(だんしん)” 正式名称は、団体信用生命保険(だんたいしんようせいめいほけん)。
これは、住宅ローンを借りる時、借主が亡くなったら、保険金で借入をチャラにしますよ! という保険。
f0248690_19583632.jpg
MF056(7/2)。 母カワ、疲れている? (ラーメンノイズ、モアレが)


住宅ローンのセット商品、というか、これに入れないと住宅ローンは組めないという必須条件。(銀行も死亡リスク怖いからね)
ローンの必要書類の中にあり、銀行員がココにハンコですねって言って(笑)、そそくさに手続き済ませるものだ。

f0248690_20010723.jpg
ヘアが乱れているね。それともオシャレ?

保険料は? ローンで支払う利息の中に組み込まれている。確か、0.2%の金利相当だったかな。

f0248690_20030153.jpg
3者3様
ただ、これはれっきとした保険会社商品。伝統的日本の保険会社の牙城だね。 競争原理が働かずかなり割高。
銀行ローンの場合、組込みなので、残念ながら、ま~どうしようもない。(最近は銀行によって、三大疾病特約があったり多少バリエーションあるけど。)

f0248690_20035720.jpg

気にしてほしいのは、『フラット35』。 そう、住宅金融支援機構(昔の住宅金融公庫)のローンだ!
これは、組込みではなく、別立て。 保証料なんかと一緒に、毎年団信保険料を払っている場合も多いはず。
⇒⇒ ということは、言われるがままの団信に入らず、同じ機能のある別のもので代用可能ということ。借入期間に合わせて逓減する定期系保険を設計出来るわけ。

f0248690_20043282.jpg
自分で狩った? カナブン系、ハナムグリかな。

借入の期間や年齢でも差が出るが、ま~2割3割はあたりまえ! 数十万の節約となること請け合いだよ!!
試してみる価値は大あり。 特に、非喫煙者優良体は安くなるよ~~w。

f0248690_20065819.jpg
カルガモくんの頭。(クリック等倍)もちょっとだね!

[PR]
by squidyn | 2014-07-09 05:55 | 仕事

MF057(機材ネタ)

2014/07/08(火) 

MF。10羽以上いたチョウゲン雛がほぼ旅立った? どこへ? 雨などで一週間行かなかった間にひっそり寂しい状態になっていた。
朝、確認できた若は北と真中の2羽。
電線止まり(クリック等倍)
f0248690_13093566.jpg

(クリック等倍)
f0248690_13142791.jpg
少し鳴いて、この後 飛んでいってしまった。(ノートリ)
f0248690_13121377.jpg

機材ネタ

なるべく手持ちの機動性を損なわず、何とかブレを減らしたい!と、試してみた ”一脚ホルスター”。
こんなヤツ。

shopk2z 一脚、三脚用ホルダー ホルスター デジカメ 一眼レフ 運動会 学芸会の撮影に






ズボンのベルトを使って腰に引っ掛ける100円ショップレベルの商品?なんだけど、ちょうど一脚の先を足の付け根辺りに固定できて具合いい。

mukunoさんに教えてもらった、エツミのカムコーダーサポート。(こっちの画が判り易かったので)

サンワダイレクト カムコーダーサポート 200-CAM019
サンワダイレクト
売り上げランキング: 111,087





これもいい感じだが、一脚が使えてさらに簡単そうだったので上のホルスターを当面使ってみようと思っている。
耐久性は??だけどねw。

一脚の雲台。 自由雲代が主流なんだけど、三脚で使っているマンフロットの701HDVを付けてみたら案外調子良い。
僕はミニBORGの三脚座を持ってないので、カメラに直付け。バランスとるために701のロングプレートが使いたかったので載せてみたもの。
少し重いので、デジスコ時代に使っていたベルボンのFHD-51Qにしてみたらさらにしっくり来た! 一脚がベルボンなので相性いいのかな。
こんな感じ。
f0248690_13543697.jpg
ロングプレートは以前 反らせてしまったものだが、発泡スチロールの簡易台座で合わせてみた(笑)
これをホルスターで腰(お腹)で止めて。 ブレ止まれ~~w。

ちなみに、ストラップは、ブラックラピッド(まがい物)がとってもお気に入り。ハンドストラップも手放せないので
ハンドストラップの取付け具をストラップの取付け具で兼用。

f0248690_14202021.jpg
プレート接続はこんな感じ。
自分的には満足(笑)。 あとは、ブレ止まれ~~~w。


[PR]
by squidyn | 2014-07-08 14:41 | 機材

MF053

2014/06/25(水)

朝のうちMFへ。 3つがいで計10羽以上の雛が巣立ったので、飛ぶ練習?してくれないかな~と期待する。
梅雨時期なので天気がねぇ。 なかなか期待通りにはいかない。

f0248690_06550385.jpg
流し撮り。1/60S 被写体がビシッと止まるといいのになぁ


f0248690_06564542.jpg
南は付近に5羽見かけるが全員同時撮影のチャンスはなかなかない。

f0248690_06594261.jpg
エサ撮りの練習? 近くに降りてきた。

f0248690_07005999.jpg
掴んだのは、犬の糞だった(笑)

f0248690_07025764.jpg
f0248690_07022933.jpg
f0248690_07051363.jpg
f0248690_07054451.jpg
f0248690_07061320.jpg


f0248690_07065163.jpg
こちらは親

f0248690_07073026.jpg
f0248690_07080344.jpg
f0248690_07082818.jpg

AF-BORG67FL+K-5Ⅱs

[PR]
by squidyn | 2014-06-26 07:14 | 野鳥

MF052(P免)

2014/06/25(水)

水曜日の仕事ネタ005。今回は P免(ピーメン)(業界用語)。
MF052(6/24火) 曇り日のチョウゲンさん雛とともに。

f0248690_22114041.jpg

マニアックな保険のプロとしてw、設計の際に一番悩む(密かに腕のみせどころな)のが三大疾病関連商品。 特に P免=保険料払い込み免除特約だ!!
これは、三大疾病(がん、脳卒中、心筋梗塞)になってしまったら、その後は保険料を払わなくてもいいよ(払っているのとまったく同じで保険は続く)というもの。
私が日本社で唯一好きな商品。
f0248690_23350932.jpg

そもそも外資(カタカナ生保)には無かった考え方で、伝統的な日本社(日生、第一、明治安田など)には有ったものが、徐々にカタカナ生保やひらがな生保(損害保険系の生保)にも取り入れられてきた。  
案外恩恵受けた方が多い。(3人に1人はがんになる時代だからね。)また、保険料は案外安い。

f0248690_23360988.jpg

医療保険に付けられる、のみならず、終身保険(貯まる保険)や定期保険(カケステ保険)の死亡保障にも付けられるのがミソ。(会社によるけど)
終身保険は長いけど銀行の積立預金並み(以上)に貯められる商品。これがP免効力出ると、払わないのに貯まっていくってことになる。

f0248690_23374632.jpg

例えば、がんになると、急に体や生活のことが心配になる反面 その後新たに保険加入がきびしくなる。そして、金銭的にも出費が懸念される中、その後も保険料は払い続けなければならない。 そこにP免が付いていると、その後は一切保険料払わなくても良くなり(完治しても)、 終身の解約返戻金は貯まり続けるようになり、会社によっては、がん保険の診断給付金という一時金的な使い方も出来たりする。

f0248690_23365234.jpg

問題は、がんはなれば効力ありだが、脳卒中、心筋梗塞はなっただけでは×で、60日の労働制限になってはじめて効力がでること。少しハードルが高くなる。入院が長くなる殆ど唯一の病気が脳卒中なので、ま~大変な時には効力でてくることになるかな。

f0248690_23385144.jpg

払い込み免除なので、保険がおりるわけではない。 また、老後を考えて早めに払いが終わるタイプ(60歳とか65歳で払い終わるもの:短期払いという)を選択していると、がんになった時には既に払いが終わっていたりする可能性ある。一番効力出るのは、終身払い と言って 生きている限り払うパターンの時だね。

f0248690_23394028.jpg
南のこの子はくりくりお眼目でかわいい。


三大疾病の商品は、この60日の労働制限がやらしいのだが、最近は脳卒中も心筋梗塞も入院したらOKという商品も出て来た(特にひらがな系)。
日本人の、交通事故や老衰など含めた全死因のうち、この三大疾病で56%(がん30%、心筋梗塞16%、脳卒中10%)を占めている。
医療保険だけではなく、保険全体考える上で、可能性が高いこれらを上手にリスクヘッジすることが、後に良かった助かった!と言ってもらえる保険設計だよね!w。

AF-BORG67FL+K-5Ⅱs




[PR]
by squidyn | 2014-06-25 06:00 | 仕事

チョウゲン巣立ち雛 第2弾(MF050)

2014/06/20(金)

朝1時間程MFへ。 概算で今年記念すべき?50回目のMF訪問。ま~飽きもせず。

記念の一枚?
f0248690_01050832.jpg


南の草陰に1羽。落ちてきたばかりの感じでヨチヨチあるいている。今日はこの子に遊んでもらった。
f0248690_01170054.jpg

この時カメラマンは私以外に1人。 この方がとてもマナー良く、追いかけずにチャンスを待ちながらじっとしていて、ユックリ写している。
鳥は一時 遠目の草中へ入ったが、また戻ってきて、最後はフェンスの上まで出てくれ羽繕い。極近なのだが雛にストレスは少なかったと思う。
私は、内心メチャ焦ってアドレナリン状態だったが、この方のおかげでかなり助かった。
やはり極力物陰に隠れながら低く小さくユックリが良いシャッターチャンスを生むんだね。この後気付いた方々がどかどか来ると、間もなく飛んだ。
そういえば、今年はケンカ騒動もなく、皆さんマナー良くいい感じの巣立ちだ。

(クリック等倍)
f0248690_01192825.jpg

(クリック等倍)
f0248690_01201174.jpg

今日一解像?。(クリック等倍)
f0248690_01205806.jpg
f0248690_01214606.jpg
(クリック等倍)
f0248690_01215967.jpg



(クリック等倍)
f0248690_01221742.jpg
ISO感度200~1000の間で、なるだけ下げるべく TAV(シャッター速度優先でISO上限範囲内で決まる)  AV(ISO優先で勝手にSSが決まる)   M(マニュアル露出) を変えながらトライした。
露出補正をマイナスにしてもオーバー気味?で、もっとSS上がるのに とか、もっとISO下げられるはずなのに って感じることも多い。
柵にくっつけた半手持で撮っている。悔しいかな、ISO200でかなり撮ったが、SS1/100秒前後となり等倍でみると大半ブレでボツ。 
ISO800~1000程度でSS1/500~800 の方がはるかに解像している感じ。 低ISOの滑らかさより、ブレがまだまだ強烈。腕が未熟なんだと痛感させられる。

AF-BORG67FL+K-5Ⅱs


[PR]
by squidyn | 2014-06-21 07:00 | 野鳥

MF049

2014/06/18(水)

MFのチョウゲンさん、昨日6/17巣立ちが確認されたらしい。しかも南で5羽?。
天気が怪しかったが、朝寄って雛確認。奥の林に2羽巣穴にも2羽いるっぽかった。
一旦仕事で帰ったが、 久しぶりに BORG仲間コボーグ狂wのTさんに会えるかもと、夕方再度寄った。

すると、真中の巣から2羽落ちてきた! 巣落ち(巣立ち)だ!! 時間も時間でカメラマンもさほどでもなかった。
(クリック等倍)
f0248690_2374386.jpg

これはノートリ。500K制約のこのブログで等倍書出しするとブロックノイズとなったので少し小さく。
f0248690_2252841.jpg


抱卵が一番早い とふんでいた北が一番遅かった。 抱卵さえ怪しかった真中もOK(2羽?)。南は5羽。皆ほぼ同時期で成功。 よかったよかったw。

初めは橋げたの真下へ落ちた
f0248690_22422031.jpg


自分で柵から這い出した。 なんともあどけない! のでボケボケ画だが、小さめにして(ノートリ)。
f0248690_22432949.jpg


もう一羽は橋げたのコンクリの間に。
f0248690_22462712.jpg


親が何度も呼びに?来ていた。
f0248690_22473347.jpg

ややアップ
f0248690_2253726.jpg

アップ (まぶたは下から上に上がっていくんだね)
f0248690_2254371.jpg

どアップ
f0248690_22542123.jpg


羽ばたき、SS1/60だとちょっときつかった。
f0248690_2255834.jpg


若いお母さん。 一番近距離ではないのだが、チョウゲンさんで過去一番解像したような気がするなぁ。(クリック等倍)
f0248690_22583177.jpg


昨年は6/5だったので10日ほど遅い巣立ち。 今年も幸せな気分になれた。ありがとう!

AF-BORG67FL+K-5Ⅱs
[PR]
by squidyn | 2014-06-19 07:00 | 野鳥