Nさん撮影カワセミ

2014/09/10(水)

水曜日は仕事ネタ。 今日は、高額療養費制度が 来年(2015/1月)~ 改正となる予定であることの
注意喚起を少しだけ。

写真は、MFで大変お世話になっているN大先輩 撮影のカワセミ。
N先輩をBORG沼へ引きずり込んで約1年。 71FL+1.7×AFA+Canonクローズアップレンズ250D+K-3の AF-BORGがメインです。
どうも思うように解像しない とおっしゃっていたので画像ファイルをお借りしてみました。
ハハは。十二分に解像しております。しかもレンズ前にフィルター(中川さんダメだしの)も付けてます。
RAWの現像、色の感じなどは好き嫌いがあると思われますが、勝手にオオトリしてLightRoomでいじりました。
いい解像感なのでオオトリしたくなりますもんねw。 ブログでの見え方はこんな感じ! と載っけてみますね。

f0248690_12380300.jpg
クリック等倍


さて、 高額療養費制度。 これは、ご存知のとおり、健康保険証で受ける医療では、ひと月(1~31日迄)あたりの自己負担額に上限がある
(ここまでしか払わなくてよい)というもの。 今までざっくり、一般の方は9万円弱でいいですよ とよく説明していた。
例えば入院手術で治療費100万円かかっても、3割の30万ではなく9万円のみ払えばよく、あとは保険証が出してくれる。とってもいい制度。

f0248690_13253944.jpg



ただ、差額ベット代などの保険が効かない部分は対象外で払わなければいけないし、当初は必ず立替が発生し、戻ってくるのが3ヶ月あまり先だった。
(今は、先に限度額適用認定さえ取っておけば限度額までの支払いですみ立替発生しない)、あと、月をまたぐと短い期間でも、9+9=18万円まで払う必要でてくる。

f0248690_13145353.jpg

この制度、ざっくり一般の人 と言っていたのが、実は収入によって違っていた。(年収約770万円以上の人は約15万円、年収約210万円以下の人は約3万5千円の自己負担)
これが、
  1. ① 年収約770万円以上の人は自己負担額が増えます(月10万円以上増えるケースもあり)
  2. ② 年収約370万円以下の人は負担が軽減されます
との改正予定。 ①の年収770万円以上の人は注意! ですね。

f0248690_13152009.jpg

高額療養費制度も年を経るごとに、自己負担額は増えていっている。国の健康保険財政はまっ赤赤だからなぁ。
団塊の世代、団塊ジュニア など、人数多い世代が高齢になるにつれ(自分も含め)、国の保証制度が悪化するのは必至ですな。
対策は? 自助努力でしょうか・・・。

f0248690_13141204.jpg


[PR]
by squidyn | 2014-09-10 13:34 | 仕事
<< 水場のガビッち スーパームーン(2014/09... >>