ハシブトアジサシ

2014/09/28(日)

今日は仕事で千葉(習志野)。午後3時アポの駅から遠いところ。いっそのこと車で鳥見も入れようかと朝から出発。 
三番瀬~谷津干潟 に寄った。
谷津の干潮が2時半。午前中は三番瀬と予定し下道で10時頃到着。
探鳥会なのか既に多数の人。混じって撮影していると、先生と思しき方が「あそこにいるのがハシブトアジサシです」と。

f0248690_06420980.jpg
カニ Getしてる。

ラッキーだった。 何アジサシだろう?と撮っていたところを教えてもらえ、しかも珍しいようだ。
f0248690_06461861.jpg
体長約38cm。翼開長は約95cm。夏羽は頭上が黒く、体の上面は淡い灰色、体の下面は白色である。冬羽では頭上も白色になるが、眼の後方にわずかに斑状に黒色部が残る。他のアジサシ類と比べると嘴が太く(これが和名の由来である)、足が長めであることが特徴である。 日本では旅鳥として、まれに本州以南で観察される。(From ウィキペディア)

f0248690_06514275.jpg
f0248690_06524439.jpg
f0248690_06530867.jpg
f0248690_06540513.jpg
f0248690_06494535.jpg
f0248690_06544751.jpg
遠くで水浴び。
f0248690_06551184.jpg
f0248690_06553848.jpg
f0248690_06560498.jpg
f0248690_06564588.jpg
f0248690_06570635.jpg
セーフ!


ミヤコドリも初見だったし、先生の説明でコオバシギ(珍しい?)も見れた。思わぬ収穫w。

AF-BORG67FL+K-5Ⅱs


[PR]
by squidyn | 2014-09-29 07:11 | 野鳥
<< オオソリハシシギ 池井戸潤 本 >>